椎間板ヘルニア

  • 手術を勧められたが迷っている
  • 痛みをひたすら我慢している
  • 太ももの裏側やお尻、足までしびれがある
  • 同じ姿勢で長時間いられない
  • ヘルニアになってから猫背になった

 

椎間板ヘルニアと聞くと、薬を飲んでごまかすか、手術で改善するか、痛い筋肉注射をして我慢するしかないと、痛みの改善を諦めている方も多いと思います。
ヘルニアは我慢していても治ることはなく、手術をしても再発したりと、必ずしも良くなるわけではありません。
ヘルニアになった原因やどの動作をした時に痛みが激しくなるのか?などを分析し、矯正することで、痛みとヘルニアと上手に付き合っていくことが出来ます。

さいたま市浦和区|マンガで読む椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板が何らかの原因で飛び出し、神経に触れ炎症などを起こしたりすることです。

家にあるクッションに例えると分かりやすいでしょうか。クッションの中の綿が椎間板です。クッションカバーが破れ、中に入っている綿が飛び出し、この綿が神経に触れると痛みやしびれが起こります。

椎間板があることで、私たちは背骨がしなやかに動きます。背骨の後ろ側には脊柱管という骨に囲まれた空間があり、脳と手足を繋ぐ神経が通っています。この空間に椎間板が飛び出してしまうと神経が圧迫され、太ももの裏側や足にしびれを感じたり、痛みを感じたりします。

通常の腰痛とは違って、はっきりと原因がわかっていますので、的確に原因を見極め、きちんと向き合えば痛みやしびれが軽減し、上手に痛みやしびれと付き合っていくことが出来ます。

浦和で「手術を勧められたが躊躇する」「ブロック注射が痛いけど仕方がない」と思っている方は一度、腰のお悩みに特化した浦和腰痛改善.comにご相談ください!

さいたま市浦和区|椎間板ヘルニアで気を付けたいこととは?

座る、立つ、前屈みになるといった姿勢や動作、加齢など様々な要因で腰に圧力がかかります。

加齢による劣化や体重の増加
椎間板はゼリーのような組織で、年齢を重ねると共に水分が失われます。水分が失われると弾力がなくなり劣化します。体重が重い方も、重たい上半身を支えている腰に大きな負担がかかります。
長時間同じ姿勢
1日平均でも7時間座っている日本人は、世界でも最も長く座る国民ではないでしょうか?そのため、腰にとって良くない姿勢で座り続けると、おのずと腰が痛くなってしまいます。腰が痛いと自然と猫背になってしまい、体重が腰にかかります。その分負荷がかかり、椎間板ヘルニアの原因の1つとなる場合があります。
重いものを持つ、中腰での作業など繰り返される動作
重い荷物を持ったり、日常生活での中腰の姿勢も腰に負担がかかります。また、勢いよく動いたり、止まったりする激しいスポーツをされている方などもなりやすいです。

さいたま市浦和区|少しでも痛みを緩和したい!そんな方はまずご相談下さい!

ヘルニアを完全に取り去ることは難しいですが、今よりもつらい状態を和らげる事は出来ます。
手術や注射をする前に是非一度、浦和腰痛改善.comで、しっかりとカウンセリングと検査を行い、その方に応じた施術内容で上手に椎間板ヘルニアと付き合っていけるようサポートいたします!
浦和で椎間板ヘルニアなら!浦和腰痛改善にお任せください!

施術について詳しく見る

椎間板ヘルニア緩和施術を受けたい!アクセスを詳しく見る